カテゴリー別アーカイブ: 不用品買取

高齢者とゴミ屋敷を考える

「超高齢化社会」に突入した日本では様々な問題が起こっています。介護の問題もそうですが、核家族が増えている今「老老介護」は当たり前で介護する方も高齢者。そういった中で体力的にも経済的にも厳しく、末は「孤独死」という悲しい結果になってしまうケースが増えています。

「ゴミ屋敷」もその中の一つの問題です。高齢者に至っては怠癖で片付けないのではなく様々な理由、病によって「片付けられない」のです。

片付けられなくなる理由

「ホ―ディング」などと言われる強迫性障害やうつ病によるもの、そして高齢者に一番多いのは「認知症」によって片付けられない状態です。

「ホ―ディング」とは

強迫的ホーディングホーディング障害とは、居住空間において大量の物品を度を越して蒐集することを止められず、それにより著しい苦痛・不全を起こしているという行動パターンである

引用:強迫的ホーディング – Wikipedia

ひとり暮らしなどの高齢者に多いのが生活意欲や生活能力を低下させることによって、自身の身の回りのことができない状態になります。本人の意志による場合もありますし、精神疾患、認知症である場合もあります。高齢単身世帯の住人が孤立しないように行政はもちろん、地域の住人ひとりひとりが「世話を焼く」意識を持つことが大切なのかもしれません。

孤独感から収集癖へ・・・

「寂しい」という気持ちが“収集癖”に繋がる場合があります。寂しさや孤独感がもの(ゴミ)に囲まれていることで安心感に変わり、エスカレートしてしまうといったケースです。そうならない為にも家族が関わりを持つことが必要ですが「ゴミ屋敷」となってしまった場合は、家族も足が遠のき、見て見ぬ振りをしてしまう場合が多いので事態がより一層深刻になります。

では、どうすればいいのか・・・

楽しみを与えることが大切

認知症になる多くの理由が、喪失感です。今までバリバリ働いてきて忙しくしてきたのに、引退したら急にすることがなくなり何をしていいのか分からなくなる、趣味を持っている場合はいいのですが、そうでない場合には一日ボンヤリして終わってしまいます。

例えば、「野菜やお花を育ててみる」土いじりが嫌いでないことが条件となってしまいますが、花でも野菜でも目をかけた分だけ応えてくれます。実がなればそれが喜びになります。そういった日々の変化を感じられる意味でも生き甲斐の一つになるのではないでしょうか。

早めの対策(名古屋市編)

万が一ゴミ屋敷になってしまった場合には見て見ぬ振りをせず、早めに対策することが大切です。放置しておくと火災の原因になったり、悪臭や害虫でご近所トラブルになったり、孤独死ということにもなりかねません。とはいえ、「ゴミ屋敷」を片付けるのはその労力ももちろんですが精神的にも苦痛を伴います。ましてや世間体もあるため、ご家族が大ぴらに片付けるのもなかなか勇気がいるものではないでしょうか。

自治体に相談

名古屋市の場合、環境局事業部作業課「業務内容:住居又はその付近における物品等の堆積による不良な生活環境に係る対策の推進」へ相談することができます。ゴミ屋敷を無理やり撤去するのではなく、行政職員が何度もゴミ屋敷を訪問し、ごみを溜めてしまった本人とともに少しずつ片付けて行く形になりますので、早急に片付かないところが難点です。

不用品回収業者にお願いする

業者に依頼する利点は「全てお任せできる」という点です。ゴミを処分するにも、その自治体ごとのルールに基づいてきちんと分別しなければなりません。ですが、ゴミ屋敷となってしまったお家だと分別作業も大変です。そうした面倒な作業も一切お願いできます。

不用品業者を選ぶ5つのポイント

どこに依頼するかという業者選びはとても重要です。信頼出来る業者選びをするためにも、まず依頼する前に回収費用の相場を調べておくと良いかと思います。

電話の対応

電話で問い合わせをした時の対応の仕方も重要なポイントです。

迅速な対応

見積もりの日時設定など迅速に対応してもらえるかどうか。

見積もり内容

見積もりをした際に、その内容を依頼者が納得できるように説明してくれるかどうか、見積書が詳細であるか。

買取を行っているか

不用品の中に買取してもらえるものがあった場合は、回収費用から差し引いてもらえるためお得です。

プライバシーの配慮

「ゴミ屋敷」ともなるとご近所の目もあります。プライバシーを配慮した作業を行ってくれるかどうかも重要です。

まとめ

「こんな風になる前に顔を出しておけばよかった」とならないように、一人で暮している身内がいる場合にはコミュニケーションを普段からとることが大切です。超高齢化社会に突入する日本は身内だけでなく、近所のお年寄りのことも気にかけながら一声かけるだけで高齢者の孤独から来るゴミ屋敷が減るのではないかなと思います。

 

 

 

ぬいぐるみの処分で困った?これを読めば解決します!

nuigurumi

幼い頃、お気に入りのぬいぐるみを抱きしめて眠った記憶がある方も多いはず。古くなってしまったけれで何となく捨てられず、物置の奥にしまいこんであったり・・・ご本人だけでなく幼かった頃の我が子を懐かしむあまりにぬいぐるみの処分をためらっている親御さん。ぬいぐるみやお人形の処分は多くの方が「かわいそう」あるいは「捨てると良くないことが起きそう」と不安になったり。【捨てる】だけではなく、【リサイクル】【ボランティア】【供養】といったように様々な方法があります。

ぬいぐるみをキレイにする方法

まず、そのぬいぐるみが洗えるものなのかどうかを確認する必要があります。確認ができない場合は万が一を考えて洗濯機の丸洗いは避けた方がよいでしょう。洋服やリボンなどの付属品は取り外しておき、汚れの酷い部分にはオシャレ着洗いなどのホームクリーニング用洗剤を塗るなどしておくとキレイになります。洗濯機で洗う場合は「手洗いコース」「ドライコース」「弱水流」などを選択し、ネットに入れて洗います。脱水は一緒に乾いたタオルなどを入れ5秒〜15秒程度にします。自動にしてしまうとシワや型崩れの原因になるので気をつけましょう。汚れが落ちたら直射日光が当たらない風通しのいい所で完全に乾かしてください。

ぬいぐるみを洗う時の注意

①洗えるものなのか、色落ちしないか確認

②すすぎは念入りにする

③脱水はかけすぎない

④陰干しで完全に乾かす

汚れを落として、新しくお洋服を作れば見違えるように生まれ変わります(^^)

業者に依頼

洗濯不可なものや、特殊な素材で作られているぬいぐるみは業者に依頼しましょう。最近はクリーニングだけでなく、修理やお直しもしてくれるため、大切なぬいぐるみはそういった業者を利用するとよいでしょう。ストーブの熱などで溶けてしまった毛もプロの手にかかると元通りのふわふわに!諦めていた汚れもキレイにしてくれます。

ぬいぐるみ・人形供養

子供が大きくなり、しまい込んでいたぬいぐるみや人形を処分したいけど、ちゃんと供養してから処分したい!など理由は様々ありますが、供養とはお金を掛ける事だけでなく、感謝の気持ちを伝え、自分の気持ちを整理することで供養となります。

料金の相場

供養をしてもらう寺院、神社によって異なりますが、だいたい3,000円〜5,000円位が相場となっています。直接持ち込む場合と宅配を利用する場合、量、大きさによっても料金は変わってくるので、供養をお願いするところで確認しましょう。また、無料で行ってくれるところもあるようなので一度調べてみるとよいでしょう。

感謝祭や供養祭で処分

感謝祭や供養祭というお祭りの形式で年に何日か供養をしてくれるところもあります。こういったお祭りにはたくさんの人形が集まり、人形供養の経験がない方でも気軽に参加することが出来るのでよいかもしれません。

リサイクルショップに売る

ブランドのぬいぐるみや、人気のディズニー・ジブリなどは状態にもよりますがリサイクルショップなどで買取してもらえます。その場合、状態や付属品の有無などによって金額が大きく変わってくるため、予め汚れを落とし付属品のチェックをしてから見積もりを依頼しましょう。

買取に自信があります!

弊社はリサイクルショップを運営しているため、買取を得意としています。また、買取が不可能なものでも海外リユースに力を入れており、無料にてお引き取りしています。

ボランティアで寄付する

不要になったぬいぐるみや人形を海外の子供たちに寄付することができます。物に溢れている恵まれた日本で暮らしていると忘れてしまいがちですが、東南アジアなどの発展途上国を訪れると、あちらこちらにストリートチルドレンと呼ばれる子供達が物乞いや、物売りをしています。こういった問題は個人が何とかできるレベルではありませんが、一人一人が自分にできることをするという気持ちが大切です。

リユースとは?

『再利用する』そのままの形、状態でもう一度使用することをリユースといいます。

リサイクルとは?

『再生させる』一度使った資源(廃棄物)を回収して再利用することをリサイクルといいます。

リデュースとは?

『削減する』ごみになるものの発生を抑制することをリデュースといいます。

ぬいぐるみだけでなく、不用品の寄付を受け付けているところは数多くあります。まだまだ日本では寄付するということが浸透していませんが、欧米などではぬいぐるみ・人形を寄付するというのは当たり前のようになっています。寄付の方法・料金等は、その店舗によって異なりますので、お問い合わせください。

まとめ

大切にしてきたものや、不要になったものを処分する方法はいろいろあります。ただゴミとして捨てるのではなく地球に優しい処分方法を考えたいものです。

%e5%af%84%e4%bb%98