不用品の処分に困ったら読んでほしい情報満載。

みんなの「不用品処分」

遺品整理で起こりやすいトラブルと対処法!

投稿日:2017年5月10日 更新日:

核家族化が増えた近年では、親と子が別々で暮らしているため、突然に親が亡くなってしまった場合などは葬儀の手配だけではなくその住まいの片付けなどを行わなければなりません。また、その住まいが賃貸であった場合には速やかに部屋を明け渡さなければならないため、「遺品整理業者」を利用するケースも増えてきています。「遺品整理業者」は全てお任せできて便利な反面、トラブルになることも多いため注意が必要です。

では、どんなトラブルが多いのか・・・

遺品を不当な金額で買取

価値のある大切な遺品を市場価格よりもかなり低い価格で買い取りされることがあります。ですが、そうした場合所有者が故人の為、遺族にはその価値が分からず、業者の言い値で取引されてしまうというケースがほとんどです。

対処方法

骨董品や美術品などは業者に依頼する前に予め相場を調べておくことが大切です。手軽に調べられるのは過去の取引相場がわかる「オークファン」を利用すると良いかと思います。そうすれば、業者に見積もりしてもらう際にその金額を伝えることができるため、不当に買い取りされることを防ぐことができます。

『ポイント!』

コレクションがある方は目録を作りましょう!自分が死んだ後にコレクションをどうするかを遺言として残しおけば遺品整理もスムーズに行きます。

見積もり時の何倍もの金額を請求される

「遺品整理業者」は近年多くなってきた新しい業種です。そのため、遺品整理の費用相場もあまり把握されていないのが現状です。大体の料金目安を知っておくことが大切になってきます。逆に、見積もり時の金額が極端に安い場合にも要注意です!

対象方法

「信頼出来る業者を選ぶ」これに尽きますが、人生の間に「遺品整理業者」を利用することはそう何度としてありませんので何をして「信頼出来る」とするかはとても難しい問題です。

  • 問い合わせ時の電話の対応
  • 見積もり時のわかりやすい説明
  • 地元での評判
  • 作業も自社で行なっている など・・・

「遺品整理」は故人を悼む気持ちを持ちながら謹んで行うデリケートな作業です。遺族の気持ちを最優先にしてくれる業者を選びましょう。

『ポイント!』

万が一、トラブルに巻き込まれてしまった場合にはまず「愛知県消費生活総合センター」へ

不用品を不法投棄されてしまう

廃棄や処分をするためにリサイクル料金や処分代として請求しているにも関わらず、費用を抑えるためにその適切な処理を行わず不法に投棄する悪徳業者がいます。不法に投棄されたものの中に所有者が特定できるものがあった場合には警察から連絡が来ることがあります。結局、お金を払って業者に依頼したのに自らまたその投棄されたものを引き取りに行き、お金を払って処分する羽目になったりします。

対処方法

見積もり時に不用品の処理方法もきちんと確認しておきましょう。その際、丁寧に納得いく説明をしてくれるかどうかも業者選びのポイントとなります。

貴金属・現金などを無断で回収

作業中に発見された貴金属や現金などを依頼者に知らせず無断で回収されてしまうことがあります。予め確認したつもりでも全てを把握することは難しく、作業中に発見されることが多くあります。しかも、貴金属やへそくりなどは発見されにくいところに隠されていることが多いため、気付きにくくなります。

対象方法

事前に確認するだけでなく、時間が許す場合には作業に立ち会うことが良いかと思います。そして「信頼出来る」業者を選ぶ!これに尽きます。

『ポイント!』

作業者の中に「目利きができる人」がいるかどうかは大切です。作業中に価値のあるものが見付かっても、目利きができる人間がいなければ価値のあることに気付くことができません。

大切な遺品を勝手に処分される

遺族にとっては大切な思い出の品も業者から見たら「ゴミ」として扱われてしまうことがあります。誰から見ても貴重品だとわかるもの、例えば通帳や貴金属などはいいのですが、家族にしか分からない大切なものなどは知らないうちに処分されてしまうことがあります。

対象方法

作業者に「残して欲しいものリスト」を書いて渡したり、見積もり時に「こういうものを見付けてら教えて欲しい」などの意思を伝えるなど念密に打ち合わせることが大切です。その際、遺族の気持ちに寄り添い聞いてくれるかどうかも「業者選びの重要なポイント」です。作業日にはなるべく立ち会うことがトラブルを防ぐことにつながります。

まとめ

紹介した以外にもあらゆるトラブルが発生しています、遺族がトラブルに巻き込まれてしまうことを当然ながら故人は望んでいません。一番大切なことは、業者に丸投げするのではなく、なるべく事前に確認し仕分けすることが大切です。その上で遺品整理業者を利用する、利用する際には「入念な打ち合わせ」をしましょう。

The following two tabs change content below.
リラックまま

リラックまま

長年印刷関係のお仕事をし、どちらかといえばアナログの私。二人の子供の子育てをしながら、現在はリサイクルショップのネット部門に所属。最近のネット事情発展の猛スピードに一生懸命ついていこうと日々奮闘しています。

記事下一括表示

不用品のことなら何でもお気軽にご相談下さい。

「エコロ計画」では、不用品回収や生前整理・遺品整理、ごみ屋敷整理まで量を問わず受付しています。まずはお気軽にご連絡下さい。

img5

エコロ計画無料見積りへ

-遺品整理
-, ,

Copyright© みんなの「不用品処分」 , 2018 AllRights Reserved.