これを読めば分かる物干し台の処分方法!

ご家庭内には捨てにくいものが案外多くあります。特に捨てにくいものとして「物干し台のコンクリート」があります。物干し台を安定させるための重石です。どうやって処分すればいいの?そんな疑問を解決していきたいと思います。

物干し竿って何ゴミ?

最初に物干し竿にも、素材がいろいろあります。ステンレス・アルミ・鉄・最近は軽きアルミが主流になっています。しかしそれら全て粗大ゴミとなります。名古屋市では30cm以上のものは粗大ゴミ扱いとなるのです。ですから、もし竿をカットして指定のゴミ袋に入れば不燃ゴミとして処理することができます。とはいえ、一般の家庭に簡単に切断できるような道具はありませんよね(笑)ある方は切断して不燃ゴミとして出せば一番手間がかからないかも(^^)

粗大ゴミとして処分するには(名古屋市)

物干し台とひとことで言っても竿・支柱・台座と別れていますよね?それぞれの手数料がよくわからなかったので名古屋市環境局事業部作業課に問い合わせてみました!

  • 物干し竿(一本)   250円
  • 物干し台支柱(一本) 250円
  • 物干し台座(一個)  250円

※物干し台座はコンクリートでも回収してくれますが、一度の回収で2個までなので注意してください!

 

粗大ごみ回収をご希望の場合は、まずは下記に問い合わせて、手数料を確認してください!

手数料納付券は払い戻すことができないため、予め料金を確認した後に納付券を購入することをオススメします。

粗大ごみ受付センター

フリーダイヤル:0120-758-530
携帯電話、愛知県外からのお申し込みは、052-950-2581(通話料有料)
にお電話ください。
(電話番号のおかけ間違いにご注意ください)

  • 申し込みの締め切りは、収集日の7日前(前の週の同一曜日)です。
  • 受付時間:午前9時から午後5時(土曜日・日曜日・年末年始を除く)祝日も受付しています。

収集のお申込みは「粗大ごみ受付センター」で受け付けています。

粗大ごみ受付センターへインターネットで申し込む場合

24時間、365日、いつでも粗大ごみ収集のお申込みが可能です。

次のページからお申し込みください。

名古屋市粗大ごみ受付センター インターネット受付(外部リンク)別ウィンドウ

  • インターネット受付の締め切りは、収集日の10日前です。
  • インターネット受付トップページの注意事項をよくお読みの上、お申込みください。
  • 申込み内容の変更、取消はインターネットから行うことができません。粗大ごみ受付センターへ電話でお申込みください。

引用:名古屋市の粗大ゴミの出し方

引用:名古屋市の粗大ゴミ手数料の目安

直接処理施設に搬入する

基本的には、重石付きでも回収してくれますが、回収が難しい場合でも、自ら処分場へ持っていけば受け入れてくれるところがほとんどです。

まずはごみの発生した区の環境事業所でお手続きをしてください。

結束などの前処理が必要なものや搬入できないものもあるため、できるだけ事前に電話等で相談されると良いかと思います。

環境事業所一覧

環境事業所一覧
環境事業所 住所 電話番号・ファックス番号
・電子メールアドレス
地図
千種環境事業所 千種区香流橋一丁目1番77号 電話番号:052-771-0424
ファックス番号:052-771-5113
電子メールアドレス:
a7710424@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
千種環境事業所の地図
東環境事業所 東区出来町三丁目16番16号 電話番号:052-723-5311
ファックス番号:052-723-5320
電子メールアドレス:
a7235311@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
東環境事業所の地図
北環境事業所 北区辻本通1丁目39番地 電話番号:052-981-0421
ファックス番号:052-981-5399
電子メールアドレス:
a9810421@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
北環境事業所の地図
西環境事業所 西区南堀越二丁目4番70号 電話番号:052-522-4126
ファックス番号:052-522-8376
電子メールアドレス:
a5224126@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
西環境事業所の地図
中村環境事業所 中村区佐古前町10番9号 電話番号:052-481-5391
ファックス番号:052-471-5043
電子メールアドレス:
a4815391@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
中村環境事業所の地図
中環境事業所 中区新栄三丁目20番8号 電話番号:052-251-1735
ファックス番号:052-251-1736
電子メールアドレス:
a2511735@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
中環境事業所の地図
昭和環境事業所 昭和区福江二丁目10番12号 電話番号:052-871-0504
ファックス番号:052-871-0505
電子メールアドレス:
a8710504@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
昭和環境事業所の地図
瑞穂環境事業所 瑞穂区二野町6番29号 電話番号:052-882-5300
ファックス番号:052-882-5305
電子メールアドレス:
a8825300@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
瑞穂環境事業所の地図
熱田環境事業所 熱田区伝馬二丁目30番6号 電話番号:052-671-2200
ファックス番号:052-671-2290
電子メールアドレス:
a6712200@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
熱田環境事業所の地図
中川環境事業所 中川区上高畑一丁目150番地 電話番号:052-361-7638
ファックス番号:052-354-4389
電子メールアドレス:
a3617638@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
中川環境事業所の地図
港環境事業所 港区十一屋一丁目70番地の3 電話番号:052-382-3575
ファックス番号:052-384-0562
電子メールアドレス:
a3823575@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
港環境事業所の地図
南環境事業所 南区元塩町6丁目8番地の6 電話番号:052-614-6220
ファックス番号:052-614-6223
電子メールアドレス:
a6146220@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
南環境事業所の地図
守山環境事業所 守山区弁天が丘606番地 電話番号:052-798-3771
ファックス番号:052-798-3772
電子メールアドレス:
a7983771@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
守山環境事業所の地図
緑環境事業所 緑区鳴海町字天白90番地 電話番号:052-891-0976
ファックス番号:052-891-0276
電子メールアドレス:
a8910976@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
緑環境事業所の地図
名東環境事業所 名東区藤里町101番地 電話番号:052-773-3214
ファックス番号:052-773-3215
電子メールアドレス:
a7733214@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
名東環境事業所の地図
天白環境事業所 天白区元八事五丁目231番地 電話番号:052-833-4031
ファックス番号:052-833-6823
電子メールアドレス:
a8334031@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp
天白環境事業所の地図

引用:名古屋市自己搬入の仕方

物干しを売りに回っている業者へ下取り

軽トラックなどで巡回している物干し竿屋。
下取りしますと言っていますが、物干し竿が高いため、下取りにはなっていないのが実際の話です(^^;)なのであまり私てきにはオススメはできません・・・。

不用品回収業者に依頼

回収費用がかかりますが引き取って欲しいという方は不用品回収業者に問い合わせてみてください。でも、物干し台だけの回収の場合は5,000円前後と少々回収費用がかかってしまうので、不用品回収業者に依頼する場合は、その他に回収して欲しいものをまとめて依頼することをオススメします。

地域コミュニティアプリを利用する

地域コミュニティアプリ、例えば『メルカリ アッテ』は個人でアプリを通して取引きするのでお手軽です。メリットとしては近くの人と直接会って取引するため、「手数料はかからない」「梱包や発送の手配をしなくていい」などです。逆にデメリットとしては直接会っての取引きという自由度の高さから「ドタキャンされた」などのトラブルもあります、取引きは慎重に行いましょう。

ちなみに、物干し台なんて欲しい人いるの?と思われるかと思いますが私も「メルカリアッテ」を利用しているので、ちょっと覗いてみました。

中古でも無料で、状態が良いものならば取引きされていました!

買い換えるなら販売店に引き取りを依頼

古くなった物干し台を買い換える場合、多くの人は安く手に入るホームセンターを選ばれるのではないでしょうか?ホームセンターであれば、無料で軽トラックを貸し出ししてくれるところがあるので、新しく買ったものを軽トラックで運び、帰りに古い物干し台を積んで戻る方法があります!軽トラックを運転できるかどうかが問題となってはきますが・・・。

まとめ

物干し台といっても台の石は意外に重く、竿は長くて運ぶのに苦労したりでいろいろと大変です。私個人の意見としては「粗大ゴミ」として自治体に回収してもらうのが一番確実で安心かな〜と思います。それぞれ状況にあった処分方法を選択してください。

The following two tabs change content below.
リラックまま

リラックまま

長年印刷関係のお仕事をし、どちらかといえばアナログの私。二人の子供の子育てをしながら、現在はリサイクルショップのネット部門に所属。最近のネット事情発展の猛スピードに一生懸命ついていこうと日々奮闘しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です