タグ別アーカイブ: リメイク

ぬいぐるみの処分で困った?これを読めば解決します!

nuigurumi

幼い頃、お気に入りのぬいぐるみを抱きしめて眠った記憶がある方も多いはず。古くなってしまったけれで何となく捨てられず、物置の奥にしまいこんであったり・・・ご本人だけでなく幼かった頃の我が子を懐かしむあまりにぬいぐるみの処分をためらっている親御さん。ぬいぐるみやお人形の処分は多くの方が「かわいそう」あるいは「捨てると良くないことが起きそう」と不安になったり。【捨てる】だけではなく、【リサイクル】【ボランティア】【供養】といったように様々な方法があります。

ぬいぐるみをキレイにする方法

まず、そのぬいぐるみが洗えるものなのかどうかを確認する必要があります。確認ができない場合は万が一を考えて洗濯機の丸洗いは避けた方がよいでしょう。洋服やリボンなどの付属品は取り外しておき、汚れの酷い部分にはオシャレ着洗いなどのホームクリーニング用洗剤を塗るなどしておくとキレイになります。洗濯機で洗う場合は「手洗いコース」「ドライコース」「弱水流」などを選択し、ネットに入れて洗います。脱水は一緒に乾いたタオルなどを入れ5秒〜15秒程度にします。自動にしてしまうとシワや型崩れの原因になるので気をつけましょう。汚れが落ちたら直射日光が当たらない風通しのいい所で完全に乾かしてください。

ぬいぐるみを洗う時の注意

①洗えるものなのか、色落ちしないか確認

②すすぎは念入りにする

③脱水はかけすぎない

④陰干しで完全に乾かす

汚れを落として、新しくお洋服を作れば見違えるように生まれ変わります(^^)

業者に依頼

洗濯不可なものや、特殊な素材で作られているぬいぐるみは業者に依頼しましょう。最近はクリーニングだけでなく、修理やお直しもしてくれるため、大切なぬいぐるみはそういった業者を利用するとよいでしょう。ストーブの熱などで溶けてしまった毛もプロの手にかかると元通りのふわふわに!諦めていた汚れもキレイにしてくれます。

ぬいぐるみ・人形供養

子供が大きくなり、しまい込んでいたぬいぐるみや人形を処分したいけど、ちゃんと供養してから処分したい!など理由は様々ありますが、供養とはお金を掛ける事だけでなく、感謝の気持ちを伝え、自分の気持ちを整理することで供養となります。

料金の相場

供養をしてもらう寺院、神社によって異なりますが、だいたい3,000円〜5,000円位が相場となっています。直接持ち込む場合と宅配を利用する場合、量、大きさによっても料金は変わってくるので、供養をお願いするところで確認しましょう。また、無料で行ってくれるところもあるようなので一度調べてみるとよいでしょう。

感謝祭や供養祭で処分

感謝祭や供養祭というお祭りの形式で年に何日か供養をしてくれるところもあります。こういったお祭りにはたくさんの人形が集まり、人形供養の経験がない方でも気軽に参加することが出来るのでよいかもしれません。

リサイクルショップに売る

ブランドのぬいぐるみや、人気のディズニー・ジブリなどは状態にもよりますがリサイクルショップなどで買取してもらえます。その場合、状態や付属品の有無などによって金額が大きく変わってくるため、予め汚れを落とし付属品のチェックをしてから見積もりを依頼しましょう。

買取に自信があります!

弊社はリサイクルショップを運営しているため、買取を得意としています。また、買取が不可能なものでも海外リユースに力を入れており、無料にてお引き取りしています。

ボランティアで寄付する

不要になったぬいぐるみや人形を海外の子供たちに寄付することができます。物に溢れている恵まれた日本で暮らしていると忘れてしまいがちですが、東南アジアなどの発展途上国を訪れると、あちらこちらにストリートチルドレンと呼ばれる子供達が物乞いや、物売りをしています。こういった問題は個人が何とかできるレベルではありませんが、一人一人が自分にできることをするという気持ちが大切です。

リユースとは?

『再利用する』そのままの形、状態でもう一度使用することをリユースといいます。

リサイクルとは?

『再生させる』一度使った資源(廃棄物)を回収して再利用することをリサイクルといいます。

リデュースとは?

『削減する』ごみになるものの発生を抑制することをリデュースといいます。

ぬいぐるみだけでなく、不用品の寄付を受け付けているところは数多くあります。まだまだ日本では寄付するということが浸透していませんが、欧米などではぬいぐるみ・人形を寄付するというのは当たり前のようになっています。寄付の方法・料金等は、その店舗によって異なりますので、お問い合わせください。

まとめ

大切にしてきたものや、不要になったものを処分する方法はいろいろあります。ただゴミとして捨てるのではなく地球に優しい処分方法を考えたいものです。

%e5%af%84%e4%bb%98