タグ別アーカイブ: 介護器具

介護用品・器具の処分方法教えます!

超高齢化社会の現在、介護ベッドをはじめとする介護器具の需要も多くなり、その処分にお困りの方もおられるのではないでしょうか。まだまだ使える介護用品が無造作に捨てられているそんな中、捨てられてしまう介護用品を必要としている方もいます。リサイクルやリユースを含めた処分方法をご紹介したいと思います。

介護用品にはどんなものがあるのか

  • 介護ベッド
  • シニアカー(運転免許は不要の電動四輪車)
  • シルバーカー(手で押して歩いていくタイプ )
  • 車椅子
  • 歩行器
  • ポータブルドイレ など

そのものによって処分方法も多少は異なってきますが、大きく4つに分けたいと思います。

その①自治体に処分してもらう

介護ベッドの場合

名古屋市では電動式の介護ベッド、100kg以下のものであれば粗大ゴミとして回収してもらえます。

シニアカー・シルバーカーの場合

名古屋市ではシルバーカーは粗大ゴミとして回収可能ですが、シニアカーは回収していません。

車椅子の場合

車椅子は手動式のものと電動式のものがありますが、電動式のものはバッテリーを外せば粗大ゴミとして回収してもらえます。

歩行器の場合

分解して30cm以下にし指定のゴミ袋に入れれば不燃ゴミ、一辺が30cm以上のものは粗大ゴミとなります。

ポータブルトイレの場合

粗大ゴミとして回収してもらえます。(汚物を取り除いた状態)

粗大ごみ回収をご希望の場合は、まずは下記に問い合わせて、手数料を確認してください!

手数料納付券は払い戻すことができないため、予め料金を確認した後に納付券を購入することをオススメします。

粗大ごみ受付センター

フリーダイヤル:0120-758-530
携帯電話、愛知県外からのお申し込みは、052-950-2581(通話料有料)
にお電話ください。
(電話番号のおかけ間違いにご注意ください)

  • 申し込みの締め切りは、収集日の7日前(前の週の同一曜日)です。
  • 受付時間:午前9時から午後5時(土曜日・日曜日・年末年始を除く)祝日も受付しています。

収集のお申込みは「粗大ごみ受付センター」で受け付けています。

粗大ごみ受付センターへインターネットで申し込む場合

24時間、365日、いつでも粗大ごみ収集のお申込みが可能です。

次のページからお申し込みください。

名古屋市粗大ごみ受付センター インターネット受付(外部リンク)別ウィンドウ

  • インターネット受付の締め切りは、収集日の10日前です。
  • インターネット受付トップページの注意事項をよくお読みの上、お申込みください。
  • 申込み内容の変更、取消はインターネットから行うことができません。粗大ごみ受付センターへ電話でお申込みください。

引用:名古屋市の粗大ゴミの出し方

引用:名古屋市の粗大ゴミ手数料の目安

その②購入店に引き取りを依頼

店によっては、引き取りサービスを行っているのでまずは購入したお店に確認をしてください。場合によっては自宅まで引き取りにきて、分解や搬送をしてくれるところもあるので、そういうサービスがあればぜひ活用してください。引き取りできる種類や状態(汚損・破損)に条件がある場合があるため、確認が必要です。

その③リサイクルショップに買取り依頼

介護用品を専門に取り扱っているところもありますが、基本的に汚損・破損がないものであることが前提です。一般のリサイクルショップではポータブルトイレや浴室用具といった、肌に直接触れる介護用品は引き取り不可というところもあるので確認が必要です。

地元の欲しい人に譲りたい!という場合は

地元のコミュニティサイトを使うなどすると良いかと思います!個人で取引をするため、余計な手間はかかりませんし、取引きを自宅に指定すれば運ぶ手間もかかりません。気持ち良く取引するために消毒などを行い清潔な状態にしておきましょう。

その④不用品回収業者に依頼

介護用ベッドなどの場合、大きくて重いため自身で運び出すことはかなり困難だと思います。そういった場合は、他の介護用品なども一緒にまとめて全てお任せすると回収費用は必要となりますが、手間がかからず都合のいい日時に回収してもらえるのでとても便利です。

まだ使えるから捨てるのはモッタイナイ!

そういう場合にはリユースを行っている回収業者を利用すると良いかと思います!まだ使用できる状態の良い物であれば回収業者がきちんとリユースしてくれます!

まとめ

介護にはとてもお金がかかります、介護用品を必要とする人と処分したい人それぞれが色んな事情に応じてうまく回っていくといいぁと僅かながら介護を経験した者として思います。