タグ別アーカイブ: 灯油

灯油の処分

poritank

灯油を残さないように使いきるように努力しても、どうしても残ってしまうことがあります。そういった場合に灯油の処分はどうしていますか?少量の灯油なら新聞紙や布で吸収し、ビニール袋に入れて可燃ごみとして出す方法もあります。しかし、発火する可能性がある為、細心の注意を払わなければなりません。また、自治体によっても処分方法が異なる為、お住いの自治体のルールに従って処分する必要があります。

ご存知ですか?購入シーズンに使い切る事が基本です!

灯油は紫外線や水滴などの水分、温度により酸化や重合反応を起こすことがあり、その場合『不完全燃焼』『異臭』『火がすぐに消えてしまう』などといったトラブルを引き起こします。直射日光の当たらないところで保管していても梅雨の時期の湿度や真夏の気温上昇などにより酸化はしてしまいます。トラブルを防ぐ為にも、灯油はワンシーズンで使い切ることが理想なのです。

残った灯油はどうしたらいいの?

ガソリンスタンドで処分

お近くのガソリンスタンドに持っていくという方法があります。ガソリンスタンドは廃油設備があり構造の基準として10,000L以下の地下タンクがあります。基本的には無料ですが、有料のところもある為確認が必要です。
灯油を持ち込めるところは、スタッフが常駐しているガソリンスタンドが多く、セルフのガソリンスタンドでは灯油の持ち込みができない場合もある為、事前に確認してください。

灯油の販売店に持ち込む

灯油を購入した販売店に引き取ってもらえるか確認してください。購入店でなくても、灯油を取り扱っている販売店であれば処理してくれるはずなので問い合わせてみるといいでしょう。また、整備工場などでも引き取ってくれる事があります。

不用品回収業者に依頼する

ガソリンスタンドにご自身で灯油を運ぶことに不安を感じる方や、急な引越しの為にすぐに処分したい方などは不用品回収業者を利用すると便利です。都合のいい日時に引き取りに来てくれるなど急ぎの対応もしてくれるので、危険物を取り扱ってくれる不用品業者に問い合わせてみてください。不用品業者に依頼する場合には引き取り料金がかかるため事前に見積もりを取るとよいでしょう。

728x90

灯油を処分するにあたっての注意!

決められた場所や手順に従って処分する

ポリタンクなどの容器に入れたままゴミの収集場所に捨てることは絶対にしてはいけません!火災を引き起こすなど重大な被害につながる恐れがあるため気を付けましょう。また、穴を掘って埋めたり、河川や下水に流すなどといったことも絶対にしてはいけません。

火気厳禁

燃やして処分するのは大変危険ですので絶対に考えないでください。灯油に火が着くと勢いよく燃えるため、大災害につながります。
また、灯油は気化しやすいため、灯油の近くでの火の取り扱いは厳禁です!

灯油をこぼしてしまった時の対処法

玄関やベランダでは

新聞紙や雑巾で素早く拭き取り、こぼした箇所に小麦粉をまいてから掃き取ります。その後、シャンプーやボディーソープを撒いて放置すると臭いが残りません。

フローリングや畳では

ぞうきんにサラダオイルを垂らし、こぼした部分をそれで拭き取り、乾拭きをして脂分を拭き取ります。絨毯でも高価なものでなければ同様の方法で大丈夫です!

手についてしまった灯油

サラダオイルを少量手にかけ、両手を擦り合わせ水で流します。最後に石鹸手を洗うとほぼ100%臭いが取れます。みかんなどの皮で手をこするという方法もありますが、皮に含まれている油脂が作用するのでサラダオイルで洗うのと原理は一緒です。

まとめ

古くなった灯油をもったいないと言って使ったことにより、不完全燃焼やファンヒーターの故障を引き起こすこともあります。灯油は危険物ですので、取り扱いに注意し正しい方法で処分しましょう。